葬儀に菊が使われる理由とは?

ウェブサイト(https://1000kaze.jp/)でおなじみの天光社ではお葬式そのものの段取りだけでなく、仏教用語などの周辺要素も教えてくれます。仏教において、植物は重要な位置を占めています。日本の花といえば桜です。一方、菊は、主に謙遜の象徴として宗教的儀式でも使用されています。しかし、もともと喪に服すシンボルとして菊を使用する習慣は日本に根ざしていませんでした。喪に服すために菊を使うのはもともと西洋の習慣であり、仏教とはむしろ縁遠いものでした。菊が葬儀に使われるようになった歴史については様々な解釈がありますが、現時点では確立された理論はありません。菊は元来貴族のシンボルとして知られており、また意外にも丈夫な植物であることから、たとえ肉体が滅んでも魂は永遠である、という隠喩であるという説があります。

お葬式には不安がつきものですが、不安もまたもともとは仏教用語です。仏教用語としての不安も基本的にその文脈で使用されますが、より深いニュアンスが込められており、その用法は現代と微妙に異なります。仏教は、怒り、嫉妬、欲望を3つの悪として定義しています。可能であれば、これらの感情を取り除く方が良いですが、仏教では、時には欲望が人間にとって大きな糧になることも説いています。仏教における3つの悪とみなされている欲望と愚痴は、日常の言葉としてよく使われる言葉です。欲望はまた、仏教でも物質的豊かさを求めている心を意味しますが、ニュアンスは日常語としての欲望とは若干異なっているようです。

天光社ではこうした仏教用語など、様々な点からサポートしてくれるので、仏教についてもっと深く知りたいという方はhttps://1000kaze.jp/にアクセスしてみてください。