葬儀のことや終活を考えるべきタイミングはいつ?

終活はどのタイミングではじめるべきか。葬儀のプロフェッショナルである天光社(ウェブサイト:https://1000kaze.jp/)では、そのような悩みに対してもサポートしています。死はきわめてプライベートなことであり、個々人の人生観が問われることなので、一概に何歳までに終活をはじめるべきだ、ということは言えませんが、いざその時まで何の希望も伝えないまま人生を終える人と、生前からきっちりと終活と向き合った人とでは葬儀の充実度が大きく変わってきます。社会人としてごく普通の人生を送った場合、おおよそ50代後半から60代前半にかけてはこれまで自分が積み上げてきたものをあらためて振り返るようになり、人生のゴールが具体的に見えてくるようになります。ここで、「自分はまだまだ元気だ」と終活から目をそむけてしまうか、現実を冷静に受け止めて粛々と終活にむけて気分をととのえていくかによってその後の人生の充実度が劇的に変わり、60代以降の人生の色合いがまるで変わってきます。

本当の意味の終活とは、決して、人生の終わりをただじっと待つことではありません。いつか必ず訪れるとわかっているからこそ、死というものを前向きにとらえ直し、残された時間を有意義に過ごす道筋を自分自身でデザインすることが大切であり、本人も家族もともに満足できる終活と言えるのです。

終活をもうそろそろはじめたいけれど、何からはじめればいいのかわからない、体は元気だから今ひとつ踏ん切りがつかないという方はまず、天光社(ウェブサイト:https://1000kaze.jp/)まで問い合わせてみることがおすすめです。