https://1000kaze.jp/の天光社が教える理想のお葬式をデザインするための心構え

あらゆることをイベント化しつつある現代人にとって、お葬式は今や他人任せにせず、自分の理想通りのイベントとしてデザインする時代です。ウェブサイト(https://1000kaze.jp/)で知られる天光社は葬儀社の大手として、日々さまざまなパターンのお葬式をサポートしてきましたが、御家族と故人がともに納得する葬儀には、あるひとつの共通点があります。

お葬式ほど、故人と家族の関係性が浮き彫りになるシチュエーションはありません。やがて訪れる「死」について正面から向き合い、本人と家族の意志の共有ができていれば、実際の葬儀も故人の意向が反映したものになり、家族としても最後まで満足できる葬儀になるものです。一方、故人と家族の意見が生前からすれ違っているようなケースでは葬儀もどこかちぐはぐなものになり、段取りのほうもいろいろと行き違いが起こるものです。このような行き違いの原因はまず、御本人が生きているうちからきちんと家族に対して葬儀についての希望を伝えていないことであり、ひいては家族とのコミュニケーションが不足している、ということでもあります。

天光社をはじめとする葬儀社はもちろんプロフェッショナルですので、どのようなケースでも御家族の希望を最大限に反映できるように務めています。何よりも重要なのは御本人がやがていつか訪れる死ときちんと向き合うことであり、その意味でも、健康なうちから御家族と理想の葬儀について話し合う終活は不可欠なプロセスであると言えます。無理のない終活の進め方や実際の葬儀の依頼についてはウェブサイト(https://1000kaze.jp/)で問い合わせると良いでしょう。